MetaTrader4のバージョンについて
5月22日よりBuild745以下のバージョンのサポートが終了しました。
サーバーのBuildが825以上の場合接続できなくなります。



MetaTrader4 Build 825 リリースノート 目次



MetaTrader Marketに関する更新

  1. MetaTrader Marketで商品をレンタルする機能が追加されました。販売者、購買者共にメリットがあり、商品の機能を安価で試してもらえるので、販売者は購買者の商品に対する信頼を得やすくなります。そして、購買者は購入前に商品を試すことができます。デモ版とは異なり、レンタル商品は期間内である場合、制限がありません。
    全ての販売者は、自己の商品に対し、レンタルを許可するか否か、そしてレンタル料の設定ができます。

    825-1

    販売者はレンタル設定をせず、購入のみに設定することも可能です。
    商品のレンタルを設定すると、Webページに選択可能なオプション(期間と値段)が表示されます。レンタルする場合は、[Rent] ボタンをクリックしてレンタルする期間を決めてください。

    825-2

    レンタル期間が終了した場合は、レンタル期間の更新を実施するか、制限のないフルバージョンの購入ができます。
  2. 新しい機能として直接購入が追加されます。MQL5コミュニティのWebページにログインする必要がない、又はアカウントなしで購入できるので、EAやインディケータをより簡単に購入できるようになります。

    One-Step Purchase
    ユーザーはMQL5コミュニティへログインし、お金をチャージすることなく、指定された決済システムを使用することによりMetaTrader4から直接購入できるようになります。 ただし、購入履歴を残す為、購入する際に金額をMQL5コミュニティのアカウントにチャージし、支払うというフローで購入になります。MQL5コミュニティにログインすることで、全ての支払いを確認することができます。

    825-3

    Purchase without Registration
    商品をマーケットからMQL5コミュニティのアカウントなしに購入できるようになります。”Buy”をクリックし、支払い方法を選択します。

    825-4

    その後、支払いページに移動し、購入を完了します。

    825-5

    購入後、履歴を残す為、MQL5コミュニティのアカウントを作成することをお勧めしています。作成後は、購入履歴が自動で保存されます。アカウント購入情報がリンクされることにより、アップデートのお知らせや、多数のPCへインストールできるようになります。



TOPへ

Strategy Testerに関する更新

  1. ストラテジーテスターはEAのテストだけではなく、インディケータのテストもできるようになりました。ヴァーチャルテストモードで行うことができます。インディケータはエミュレートされたティックによってチャート上へ描画されます。
    この機能は、インディケータをMetaTrader Marketより購入する方にとって便利な機能となっています。 購入する前に無料デモをダウンロードし、ストラテジーテスターで使用することにより、インディケータ機能の評価ができるようになります。

    825-6

    テストする種類を”Indicators”とし, テストをするインディケータを選択、その後 “Start”をクリックします。





TOPへ

ヴァーチャルホスティングに関する更新

  1. ヴァーチャルホスティング機能に複数の改善と修正が行われました。
    主な変更は、LinuxとMac OS上でWine内にバーチャルサーバーを作成した際に、実際のヴァーチャルホスティングと同様の機能を使用できます。

    825-7

    オペレーションのログも変更されました。ユーザーが一度に沢山のリクエストをした際に、希望した期間の初めの部分のレコードのみダウンロードされます。これは沢山のレコードをリクエストした際にパフォーマンスが落ちることを防ぎます。ダウンロードした以降のログをリクエストする場合は期間を変更せずに[PgDn]キーをクリックしてください。

    825-8





TOPへ

Terminalに関する更新

  1. マーケットウォッチウィンドウで現在のスプレッドが見られるようになります。コンテキストメニューより有効にしてください。
  2. 825-9

  3. 配信されているニュースに対し、カテゴリーでフィルターができるようになります。ニュースのリストを好みに合わせてカスタムできるようになります。もし、ニュースカテゴリーにサブカテゴリーがある場合、右クリックのコンテキストメニューにダイアログが出現し、ニュースリストをカスタムできます。
  4. 825-10

  5. Windows7で電源を切る行為をキャンセルした際にクラッシュしないよう改修しました。
  6. ターミナルインターフェースが高解像度(4K)に対応しました。
  7. “One Click Trading”パネルの表示を改修しました。
  8. 特定の時間軸にオブジェクトを表示する際のグラフィックオブジェクト表示を修正しました。
  9. MQL5でプログラムをサーチした際にターミナルがフリーズする問題を改修しました。
  10. bmpのファイルフラグを持ったオブジェクトを描画することを改修しました。
  11. 塗りつぶしグラフィックオブジェクト”Channels”の表示修正しました。
  12. 新たなパラメータ「DDE TIMESEC」がDDEを使用した際に送信されます。 これはクオートが届いた時間を一番近い秒数で表示します。
  13. 時々、一つのディレクトリから複数のターミナルインスタンスが立ち上がってしまうことを修正しました。
  14. 時々Windows10でクラッシュしてしまうことの修正をしました。
  15. ターミナルに「Thai」言語の追加。「German」と「Hungarian」の言語を修正しました。





TOPへ

MQL4に関する更新

  1. ウェブサービスとの通信がよりフレキシブルに実施できるよう、WebRequest ファンクションが追加されますこのファンクションは自由なヘッダーでリクエストが送信できるようになります。
    int WebRequest(
    const string method, // HTTP method
    const string url, // url address
    const string headers, // Headers
    int timeout, // timeout
    const char &data[], // an array of the body of the HTTP message
    char &result[], // an array with the server response data
    string &result_headers // Headers of the server response
    );
    エラー通知が変更されました。もしエラーが起きた場合、エラーについて記述された”result”Arrayが戻されます。
  2. GetMicrosecondCountファンクションが追加されます。MQL4プログラムを起動してからの経過時間をマイクロセコンドで戻します。
    ulong GetMicrosecondCount();
    このファンクションは実行時のボトルネックを探すことに使用できます。
  3. テスト時にFileOpenHistoryファンクションの使用が禁止されます。これはテスト時に先のデータを読んで動作することを防げます。
  4. ENUM_SIGNAL_BASE_STRINGに新たなプロパティが追加されます。 SIGNAL_BASE_CURRENCY はシグナルプロバイダーの通貨です。このプロパティはSignalBaseGetStringを使用することで入手できます。
  5. ENUM_CHART_PROPERTYに新たなプロパティが追加されます。CHART_SHOW_ONE_CLICK は”One Click Trading” が表示されているパネルを通知します。ChartGetIntegerファンクションを使用することで受け取れます。
  6. property indicator_separate_windowを使用した際のインディケータのサブウィンドウサイズの計算が修正されました。
  7. チャートテンプレートを変更した際にEAの非初期化処理にエラーが発生していたことの修正が実施されました。
  8. CopyTimeファンクションの動作が修正されました。例えばCopyTime D1として2014年12月1日 23:00から2014年12月3日1時を指定したとします。3本バーを戻していましたが、アップデートをすると2本、2014年12月2日と3日分を戻します。
  9. MQL4プログラムからオフラインチャートへアクセスする動作を修正しました。
  10. ストラテジーテスターでSeriesInfoIntegerファンクションを使用した際の動作を修正しました。
  11. テスト中のChartNextファンクションの戻り値が修正されました。ストラテジーテスターでは動作せず0を戻していましたが、これからは-1を代わりに戻すようになります。
  12. ライブラリーフォルダからEX4をダウンロードする動作について修正が実施されました。アップデート前は正常にダウンロードできていませんでした。
  13. ChartXYToTimePrice とChartTimePriceToXY ファンクションにおいて時々結果がエラーとなっていた件について修正を実施しました。
  14. Fixed generation of CHARTEVENT_OBJECT_DRAGの生成について修正がありました。 生成がイベント開始前ではなく、ドラッグが完了した際に生成されます。
  15. チャートを動かした際に、インディケータ内でCHARTEVENT_CHART_CHANGEの生成が修正されました。
  16. 長い名前(63文字以上)のグローバル変数を使用することについて修正されました。
  17. マクロをコンパイルする際のいくつかのバグが修正されました。
  18. stringとstructureを戻すDLL ファンクションの修正がありました。





TOPへ

MetaEditorに関する更新

  1. MetaAssist内でドロップダウンからパラメータを選択する際に、変数の説明をフォーマットする機能についての修正がありました。





TOPへ

クラッシュレポートで報告されたエラーに関する更新

  1. クラッシュログに報告があったエラーの修正がありました。





TOPへ

参考リンク(英語)

MetaQuotes社による英語のポスト
https://www.mql5.com/en/forum/59024



TOPへ

日頃より皆様にご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

さて、この度当社は、下記の住所へ本社を移転する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

これを機に社員一同、お客様のご要望に応えるべく一層のサービス向上に努める所存でございます。

                  記

新住所:
〒104-0041 東京都中央区新富2-5-10 新富ビル7階
電話(代表): 03-4455-7896
FAX: 03-5542-0295

新社屋における業務開始予定日:
2014年12月22日(月)

最寄り駅: 
有楽町線 新富町 3番出口 徒歩1分
日比谷線 築地 4番出口 徒歩5分
都営浅草線 宝町 A1出口 徒歩7分

メタトレーダー4 プラットフォームは2014年12月12日(金)にリリースされます。これによる変更は以下のとおりです。

build 765 目次


ヴァーチャルホスティングに関する更新

  1. ホスティングの詳細画面でより詳しい情報が表示されるようになりました。
    ホスティングされているターミナルのBuild、ホスティングサーバーのプロセッサー名、ホスティングされているターミナルのスレッド数が表示されます。
  2. 7651

  3. ログビューワーにターミナルログとエキスパーツジャーナルの切り替え機能が搭載されます。
    ターミナルが稼動しているホスティングサーバーのログビューワーにおいてロジックが変更になります。”Request”ボタンを押すことでターミナルが即時に、ヴァーチャルサーバーから新たなログを取得し、表示します。
  4. 7652

  5. エキスパートアドバイザーとインディケーターが現在のクライアントターミナルの設定で稼動していない場合でも同期されます。以前バージョンでは、このケースの同期は実行されていませんでした。
  6. シグナルの同期アルゴリズムが変更になりました。今後、サーバーとの再同期を行なっている間、該当シグナルがすでに移動されている場合、現在のターミナルの設定を変更し、有効にする必要はありません。アクティブなシグナルとして同期されます。
  7. 同期時のファイル転送制限が実装されます。エキスパートアドバイザー、インディケーター、ライブラリー、その他データファイルは64MBを超える場合同期されません。
  8. ローカルのターミナルとヴァーチャルのターミナルの同期時のログ機能が拡張されます。

TOPへ


クライアントターミナルに関する更新

  1. 24時間以内に受信したニュースの数が表示されるようになりました。
  2. 7653

  3. オープンオーダーとポジションのリストにおいて、オートアレンジモードがオフの際の”Profit”欄表示が修正されました。
  4. チャート上グラフィックオブジェクトのツールチップウィンドウ表示サイズの計算が修正されました。
  5. クライアントターミナルの言語でウズベク語とタジク語が追加されました。
  6. クライアントターミナルの言語でギリシャ語とイタリア語の表記が更新されました。

TOPへ


MQL4に関する更新

  1. チャート上で右クリックをした際に、OnChartEventのエントリーポイントとして、CHARTEVENT_MOUSE_MOVEを生成できるようになりました。
  2. チャートのシフトとオートスクロールのオン/オフが発生した際に、OnChartEventを生成できるようになります。
  3. ChartSetInteger関数を使用する際、チャートプロパティCHART_SHOW_DATE_SCALE とCHART_SHOW_PRICE_SCALEが加わりました。このプロパティを使用すると時間と価格のスケールで表示することができます。以前のバージョンではそれらの変化についてサポートされていませんでした。
  4. Arrayパラメーターを使用したテンプレート関数のオーバーロードが可能になりました。
  5. コンスタントメソッドのオーバーロードオプションが追加されます。
  6. ChartOpen関数の動作が変更になりました。スタンダードと違うタイムフレームを指定した場合、該当するオフラインチャートをオープンします。
  7. EAで#property strict を使用している場合、OnInitでINIT_SUCCEEDED以外の戻り値が返ってきた際の動作が変更されました。EAの初期化が失敗した場合、チャートから取り除かれます。以前では、そのままチャート上に残ったままでした。また、#property strictを明記していない場合の動作は以前と同じで、初期化エラーを出した後、チャート上に残ります。
  8. 定義済みBidとAskの変数の初期化エラーが修正されました。
  9. インディケーターをロードしている間のindicator_heightプロパティが修正されました。以前ではインディケーターウィンドウを生成中は使用されていませんでした。
  10. StringTo*Arrayの変換関数のエラーを修正しました。
  11. 長い名前を持つ変数の値の設定が修正されました。
  12. ObjectGetValueByTime関数の戻り値において、2番目のチャンネルオブジェクトが修正されました。
  13. チャートウィンドウの最大最小に関するOnChartEventエントリーポイントのChartGetDouble、WindowPriceMinとWindowPriceMax関数において、受け取る際のチャート上の価格スケール最大値、最小値が修正されました。
  14. スタティックArrayのZeroMemoryのオペレーションが変更されました。
  15. 数値がマイナスの際のSwitchオペレーターの動作が修正されました。

TOPへ


マーケットに関する更新

  1. お気に入り商品リストのフォーマッティングが修正されました。
  2. ロゴとスクリーンショットのロードが最適化され加速しました。


バックテストに関する更新

  1. テスト前にプライスヒストリー加えてロードする際のエラーを修正しました。


MetaEditorに関する更新

  1. ポインターをリファレンスで渡した際に、MetaAssist動作が修正されました。
  2. ターミナルウィンドウの最小化を修正しました。
  3. ループしたプログラムをデバッグ、編集する際にMetaEditorがクラッシュすることを修正しました。


クラッシュレポートで報告されたエラーに関する更新

  1. クラッシュレコードで報告されたエラーに対する修正をしました。


参考リンク(英語)

MetaQuotes社による英語ポスト
MetaTrader 4 Platform Update Build 765: Enhanced Virtual Hosting

TOPへ