平素は格別のご愛顧をいただき 厚くお礼申し上げます。

おかげさまで多くのお客様からのご愛顧を頂き、弊社は6期目を迎えることが出来ました。
本年は問合せが増加している海外事業に、お客様の開拓に取り組んでまいります。

来る7月29日に開催される、Finance Magnates主催の東京サミットは、
海外と国内のビジネスマッチングの機会となっており、当社代表が参加いたします。

海外事業においてのMT4の活用方法や、海外居住者の集客方法などについて、
ご興味・ご相談がございましたら、是非この機会にお声掛けください。
事前に弊社宛にご連絡いただけますと、当日の面談を調整させていただきます。

お問合せはこちらから

(参考)自社プロダクト&サービス
・多言語化・マルチ・プラットフォーム対応 バックオフィス
・リクイディティソリューション SOR・プライスアグリゲーション
・IB管理ツール
・MT4ブリッジ
・MT4業務効率化アプリケーション
・MT4・バックオフィスを含むASPサービス

皆様と会場でお会いできることを楽しみにしております。

なお、本サミットへの参加につきましては下記URLにてご確認ください。
参加登録 http://event.forexmagnates.com/tokyo-summit-2015/ja/

6月12日にBuild840がリリースされました。



MetaTrader 4 build 840 リリースノート 目次



ターミナルについての更新

  1. グラフィックオブジェクトのツールチップの最大数が128へ増加します。 ツールチップはOBJPROP_TOOLTIP によって設定できます。
  2. 840-1

  3. Rayプロパティが有効になっている際に、右側へ永遠にチャネルが伸びでしまうチャネルグラフィックオブジェクトの表示が修正されました。





TOPへ

MetaTrader Marketに関する更新

  1. 商品を購入した際のログ機能が強化されました。ユーザー側で問題があった際の解決策を探すのが容易になります。
  2. 商品のレンタル期間延長の際に発生するエラーを修正しました。





TOPへ

MQL4に関する更新

  1. MQL4アプリケーションをダウンロードする際にnon-Latin言語(日本語、中国語など)がパスに含まれている際の動作修正がありました。
  2. Added the MQL4の環境プロパティを管理できるMQLSetIntegerファンクションが追加されました。MQL_CODEPAGE がENUM_MQL_INFO_INTEGER へ追加されました。実行されているMQLプログラムの現在のコードページがMQLSetInteger ファンクションによって使用されます。

    デフォルトでアプリケーションをコンパイルする際にコードページが適用されます。コンパイル時と起動時にOSと地域が異なる場合、メッセージの表示と文字列を受け取ることに問題が発生する可能性があります。これは以下のファンクションに適用されます。 Print, PrintFormat, Comment, Alert, MessageBox, SendFTP, SendMail, SendNotification, iCustom、その他パラメータとしてファイル名、グラフィックオブジェクト、グローバル変数などがあります。

    新しいファンクションはこの問題を解決しています。
  3. 違う形態のObjectsDeleteAll ファンクションが追加されました。
    int ObjectsDeleteAll(
    int chart_id, // chart ID
    const string prefix, // prefix
    int sub_window=EMPTY, // chart subwindow ID
    int object_type=EMPTY // object type
    );
    このファンクションは指定したチャート内、もしくはサブウィンドウ内にあるグラフィックオブジェクト全てを取り除きます。消去するオブジェクト名を設定することもできます。例えば”myobi” から始まるオブジェクトのみ消去する動作が可能です。
  4. HomeとEndキーを押した際にCHARTEVENT_CHART_CHANGE イベントが生成されます。 以前では、チャートのサイズやプロパティを設定から変更した際にのみ生成されていました。
  5. コピーによってCHARTEVENT_OBJECT_CREATEイベントが生成される動作が修正されました。Ctrlキーを押したまま、グラフィックオブジェクトをドラッグするとコピーができます。
  6. バーチャルテストの際にChartIDによって得られる値が修正されました。
  7. 楕円形のオブジェクト用のOBJPROP_SCALE プロパティの受け取り方に修正がありました。このプロパティはグラフィックオブジェクト用にデザインされています。
  8. ArrayFillファンクションのインプットパラメータ確認方法が修正されました。 このファンクションは数字の配列に対し、特定の数字で埋めます。
  9. ArrayMaximum とArrayMinimumメソッドが追加されました。 標準ライブラリにあるCArrayChar, CArrayShort, CArrayInt, CArrayFloat と CArrayLong クラスに追加されます。 指定されたArray内で最大値と最小値を検索します。
  10. 標準ライブラリ内ArrayChar, CArrayShort, CArrayInt, CArrayLong, CArrayFloat, CArrayDouble と CArrayStringクラス内にあるSearchGreatOrEqual と SearchLessOrEqual メソッド が修正されました。このメソッドではArrayの要素に対し、特定の値で”以上”(同値含む)もしくは”以下”(同値含む)で検索ができます。
  11. 標準ライブラリ内のCArrayChar クラスにおいて、QuickSort, QuickSearch, SearchGreat と SearchLessメソッドのエラーが修正されました。





TOPへ

クラッシュログで報告されたエラーの修正

  1. クラッシュログで報告されたエラーに対して修正がありました。





TOPへ

参考リンク(英語)

MetaQuotes社による英語のポスト
https://www.mql5.com/en/forum/59944



TOPへ

2015年5月25日にBuild825のHotfixであるBuild830がリリースされました。



MQL4の更新について

MQL4のCopyTimeファンクションが修正されます。



クラッシュレポートで報告されたエラーについて

クラッシュレポートで報告された内容に基づき修正が加わります。



参考リンク(英語)

MetaQuotes社による英語のポスト
https://www.mql5.com/en/forum/59272