2015年10月22日にMetaTrader 4のBuild900がリリースされました。


目次

  1. クライアントターミナルに関する更新
  2. シグナルに関する更新
  3. MQL4に関する更新
  4. ストラテジーテスターに関する更新
  5. MetaEditorに関する更新
  6. その他の更新
  7. 参考リンク

 


クライアントターミナルに関する更新

    1. アクティブでない(ログインしていない)アカウントのパスワード変更方法に関する修正

900-1

  1. 多数のチャート履歴を扱う際のメモリー使用と開放の最適化
  2. 多数のニュースカテゴリーを取り扱う際の最適化

 


シグナルに関する更新

    1. ナビゲーターウィンドウのコンテキストメニューからシグナルを非購読することに関する修正

900-2

 


MQL4に関する更新

    1. クラステンプレートが追加されたことにより、C++のようなパラメータ化されたクラスを扱えるようになりました。抽象化できるようになり、画一的に異なるクラスに対し、同じコードを使用することができるようになります。サンプルは下記リンクを参照してください。

New MetaTrader 4 Platform Build 900: Class Templates in MQL4 and Optimized Memory Use

  1. ArrayCopyファンクションのメモリー再割り当てを改修しました。この不具合によって、時々MQLプログラムがクラッシュしていました。

 


ストラテジーテスターに関する更新

  1. インディケータをテストした後、グローバル変数が初期化されてしまうエラーの改修
  2. 取引サーバーから切断された際のテストに関する改修

 


MetaEditorに関する更新

  1. MetaAssist内でタイプキャストをした際のファンクション名の宣言に関する改修
  2. 大きなファイルを開く際の動作を改修
  3. コードベースタブにてファンクションを検索するホットキー[F]を追加しました。 同様にコマンドバーにインデントを増やす、減らす、ナビゲーション、段シフトなどを追加しました。

 


その他の更新

  1. その他、報告のあったエラーの修正

 


参考リンク

New MetaTrader 4 Platform Build 900: Class Templates in MQL4 and Optimized Memory Use

2015年9月25日にMetaTrader 4のBuild890がリリースされました。



シグナルに関する更新

  1. シグナルタブのナビゲーションが修正されます。



ストラテジーテスターに関する更新

  1. indicator testingが完了した際に不要にOnCalculateハンドラーがコールされている問題が修正されます。



MQLに関する更新

  1. カスタムインディケータ内でCHARTEVENT_OBJECT_CHANGEハンドラーによるグラフィカルオブジェクトを移動するObjectMoveを禁止します。
  2. コンストラクタが初期値を所持し、クラスとは別にコンストラクタが作成される際の編集方法が修正されます。
    例:
    class CFoo
    {
       public:
          CFoo(int x=0);
    };

    CFoo::CFoo(int x)
    {
    }



MetaEditorに関する更新

  1. windows10でDPI(dots per inch) が変更された際、表示されるダイアログ数が修正されます。



報告された問題の修正

  1. クラッシュログで報告のあった問題の修正が実施されます。



MetaTrader 4 プラットフォームアップデートが2015年9月18日 金曜日にリリースされました。


MetaTrader4 Build 880 リリースノート 目次


ウェブトレートプラットフォームについて

  1. 初のウェブ上で使用できるMT4プラットフォームがリリースされます。トレード及び分析機能をブラウザ上でご利用いただけます。このウェブプラットフォーム上で行われる情報のやり取りは暗号化されるため、安全にご利用いただけます。

    ウェブトレーディングはすでにMQL5.community サイト上のTradingセクションよりアクセスできます。
    ウェブ取引のサービス提供はブローカーによって異なります。

    880-1

    取引アカウントを登録: ログインID、サーバー名を指定し、パスワードを入力することで接続できます。

    880-2

    ウェブプラットフォームのインターフェースはデスクトップ版と似ている為、デスクトップ版をご利用の方は簡単に使用することができます。以下の基本機能が現在使用できます。
    o すべての取引動作: マーケット取引、リーブオーダー
    o マーケットウォッチでのリアルタイムクオート
    o プライスチャートのカスタマイズ
    o 9つのチャート時間軸
    o 基本的な分析ツール: 縦横のトレンドライン、チャネルライン、そしてフェボナッチライン

    ウェブプラットフォームでご利用いただける機能は、今後さらに拡がっていきます。

    880-3

    トレードアカウントはユーザープロファイルページにある、”Trading Accounts”セクションより編集できます。

    880-4
  2. ウェブプラットフォームへすばやく推移できる新たなコンテキストメニューが追加されます。ウェブプラットフォーム用のアカウントはデスクトッププラットフォームより作成できるようになります。デスクトッププラットフォームより推移する場合、アカウントID、パスワード、サーバー名の入力する必要はありません。自動でログインが実施されます。

    ウェブ取引のサービス提供はブローカーによって異なります。

    880-8


上へ

ワンタイムパスワードについて

  1. ワンタムパスワード(OTP) 認証により、トレードアカウントに対する更なるレベルのセキュリティを与えられます。 OTPを選択する場合、ユーザーはアカウントへログインする度に、ユニークなワンタムパスワードを入力する必要があります。

    ワンタイムパスワードはiPhone及びAndroids用のモバイルターミナルで発行できます。

    OTPを設定する方法
    ワンタイムパスワードを使用する場合、トレードアカウントとパスワードジェネレータが紐付けされている必要があります。パスワードジェネレータはモバイル向けターミナルに含まれています。
    ※ブローカーによって取引サーバーがアップデートされ、OTPが有効になっている必要があります。OTP機能はMetaQuotes-Demo サーバーで有効になっており、試すことができます。
    モバイル上でOTPを設定する場合、[Settings] 内の [OTP] を選択してください。 セキュリティの為、はじめてアクセスする場合、ユーザーは4桁のパスワード設定を要求されます。 このパスワードはOTPジェネレータへアクセスするたびに入力することになります。

    880-9

    開いたウィンドウ上で、”Bind to account”を選択してください。

    880-10

    次にOTPに使用するアカウントを開いたサーバーを指定し、アカウントID、パスワードを入力します。OTPジェネレータを使用する場合、”Bind”オプションを必ず有効化してください。そして、OTPの使用を中止する場合はオフにしてください。

    “Bind”ボタンを押した際に、「OTPジェネレータは’loginID’へ紐付きました。」と表示されます。

    880-11

    同様の手順で、無制限にアカウントと紐付けることができます。

    OTPセクションでワンタイムパスワードが表示された際に、数字の下に青いバーが表示され、このバーの長さは表示されているワンタイムパスワードの有効期限を表します。一度パスワードの期限が切れると新たなパスワードを発行します。

    その他の機能:
    o Change Password – ジェネレータへアクセスする際のパスワードを変更します。
    o Synchronize Time – モバイルデバイスの時刻を参照しているサーバーの時間に合わせます。

    現在の時間との同期は正確性を要求し、ワンタイムパスワードが紐付くクライアントターミナルとサーバーの時刻が同じである必要があります。

    デスクトップターミナル上でのOTPの使い方
    トレードアカウントとOTPジェネレータを紐付けた後、クライアントターミナルでログインする度にワンタイムパスワード入力欄が表示されます。

    880-12

    その場合、モバイルターミナルを開き、OTPセクションでワンタイムパスワードを発行してください。

    880-13

上へ

ホスティングとシグナルの支払い方法の変更について

  1. ヴァーチャルホストとシグナル購読の支払いはターミナルへ移管されます。
    ホスティングサービスの支払いをする場合、MQL5サイトへログインし、入金する必要がなくなり、ターミナル上で支払えるようになります。

    880-5

    利用可能な支払いシステムを選択し、オンラインで支払えます。

    880-6

    同様に、トレードシグナル購読の支払いもターミナル上で行えます。

    880-7

    まず、必要金額がペイメントシステムを通じ、MQL5アカウントへチャージされます。 その為、ヴァーチャルホストやシグナル購読で支払った履歴をMQLアカウントに保存でき、簡単に確認できます。


上へ

ターミナル画面に関する更新

  1. シグナル、マーケット、ヴァーチャルホストについて、ビデオチュートリアルを作成しました。トレードプラットフォームの使い方がすばやく理解できます。これはMT4上より直接アクセスできます。
    すべてのビデオはYoutube上のMetaQuotes公式チャンネルで視聴できます。
  2. 880-14

  3. さらに詳細な銘柄情報を閲覧できるようになります。マーケットウォッチ上に詳細画面を開くコンテキストコメニューが追加されます。
    以下のパラメータが追加されます。
    o Minimal volume –銘柄の最低ロット数
    o Maximal volume – 銘柄の最大ロット数
    o Volume step – 呼び値
    o Freeze level (stops level) – 指値逆指値の禁止幅
    o Margin percentageは注文の際に実際にチャージされる基本証拠金の値を定義します。これらは銘柄により計算が異なります。
    o Margin currency – 証拠金計算に使用される通貨
    o Trade – トレードの許可タイプ
    - 1. Full access; ポジションのオープン及びクローズ
    - 2. Close only;
    - 3. No;トレードの禁止
    o Execution – 銘柄の執行タイプInstant, Request もしくは Market
    o 3-days swap – 3倍のスワップが付与される曜日
    o First trade – その銘柄がトレードできるようになる日付
    o Last trade – その銘柄の取引が停止される日付
  4. 880-15

  5. ストラテジーテスターの動かすEAを選択する画面がよりわかりやすくなりました。EA及びインディケータの保存されているフォルダをツリーの形で表示します。

    880-16

  6. オープンオーダー、と取引履歴のツールチップにオーダーをした理由もしくはソースを表示します。
  7. マウスカーソルをグラフィックオブジェクトの上へ移動すると使用したオブジェクトがツールチップとして最後に使用した順で表示されます。修正前は、アルファベット順でした。
  8. クライアントターミナルを起動した際に、PCのハードウェア情報、OS情報が表示されるようになります。
    例:
    2015.09.14 14:48:18.486 Data Folder: E:\ProgramFiles\MetaTrader 4
    2015.09.14 14:48:18.486 Windows 7 Professional (x64 based PC), IE 11.00, UAC, 8 x Intel Core i7 920 @ 2.67GHz, RAM: 8116 / 12277 Mb, HDD: 534262 / 753865 Mb, GMT+03:00
    2015.09.14 14:48:18.486 MetaTrader 4 build 872 started (MetaQuotes Software Corp.)
  9. 選択したグラフィックオブジェクトではなく、最後に使用したオブジェクトが消されてしまう問題に関する修正。
  10. グラフィックオブジェクトの塗りの修正。
    o Regression Channel, Equidistant Channel等
  11. Bollinger Bandsのインディケータにおける、入力数値検証の修正。
  12. 長時間ニュースを見ている場合、ターミナルが時々フリーズしてしまう問題に関する修正
  13. 内部メール機能の最適化
  14. UIの翻訳(ドイツ語、ポルトガル語)の修正
  15. クライアントターミナルが4Kに対応


上へ

マーケットに関する更新について

  1. 商品の直接購入にUnionPayが追加
  2. MQL5マーケット内のデータベースにアクセスするオペレーションが修正、最適化されました。
  3. VPS上にあるクライアントターミナルでMQL5アカウントを介さない購入が禁止されました。Tools – Options – Communityより詳細設定を入力できます。


上へ

ストラテジーテスターの更新について

  1. EA最適化の際にスプレッドが現在の値を使用してしまう問題の修正。
    指定できるようになります。



上へ

MQLの更新について

  1. ArrayCopyファンクションが修正、最適化。 パフォーマンスが20%上昇し、自分自身にコピーする際の動作が修正されました。
  2. MQL4プログラムよりグラフィックオブジェクトを削除した際にクラッシュする問題が修正されました。
  3. Fixed behavior of StringToTimeに文字列の引数を与えない(引数の例”21:03″)場合の挙動修正。以前は呼んだ際の時刻(UTC)が適用されていましたが、今後はローカルタイムが適用されます。
  4. 新しいコンパイラのバージョンでの初回起動時に再コンパイルが実施されますが、再コンパイルのスピードが向上しました。
  5. 「*」と「&」により変数の参照元を受け取ることができます。
  6. ArrayResizeの動作の修正


上へ

ホスティングに関する更新について

  1. FTPエキスポート設定の移行に関する修正。この設定はTools – Options – FTPにて設定できます。
  2. ヴァーチャルホストへ移行する際のウィザード画面が再デザインされ簡略化されました。


上へ

MetaEditorに関する更新について

  1. MQL4のデバッグとプロファイル実行時の強制停止に関する修正。修正前は時々止まらないことがあった。
  2. UIのタイ語翻訳


上へ

その他の修正について

  1. クラッシュログで報告された問題の修正


上へ

参考リンク(英語)

  1. MetaQuotes社による英語のポスト
    https://www.mql5.com/en/forum/64203
  2. ウェブプラットフォーム
    https://www.mql5.com/en/trading
  3. MetaQuotes公式Youtubeチャンネル
    official MetaQuotes Software Corp. YouTube channel.


上へ